受入れ(お申込)〜帰国までの流れ

組合加入・申込手続き

申込みご希望であれば、組合スタッフが制度の内容や費用についてご説明させて頂きます。採用人数(但し、企業様の常勤職員数による)性別、送出し機関等の諸条件の打ち合わせを行っていきます。

    【申込書類一式】
  • 組合加入申込書
  • 外国人技能実習生受入申込書
  • 視察面接参加申込書
  • 入国管理局申請内容調査表

    【技能実習生受入れ可能人数】
    従業員数 受入可能人数 
    50人以下 3人
    51人〜100人 6人
    101人〜200人 10人
    201人〜300人 15人
    301人以上 従業員の1/20

面接及び人材選考

人材選考は現地で行います。候補者を書類選考・学科試験・実技試験・面接などを行い企業担当者様に採用決定して頂きます。現地面接には通訳・各種書類手続き等を兼ねて、当組合スタッフが同行しますので、ご安心下さい。(渡航に際し航空券の手配やその他手続きなども当組合が代行して手続き致します。) 視察面接帰国後、企業様には採用決定報告書の提出をして頂きます。

採用決定・入管申請

現地派遣機関にて日本語・日本の風習・日本の職場で使う専門用語等日本滞在に必要な事前教育を行います。また組合では、入国管理局へ在留資格認定申請や日本大使館へVISA申請などの入国許可の手続きを行います。

入国・集合研修

入国管理局等険しい書類審査を経て、入国来日してきます。来日後には一定期間、日本語・関係法令等の講習を行ない、日本での生活に必要な知識・ルールを徹底して修得していきます。

企業派遣〜技能実習開始

講習後、企業様へ派遣し雇用契約に基づき、技能実習が開始となります。

技能実技試験〜技能実習生2号への移行

1年目の技能実習1号期間終了3ヶ月程前に、『技能検定試験』を受験します。合格者は、さらに2年間の技能実習2号へ在留期間を延長できます。合計3年間日本に滞在することが出来ます。(不合格の場合は追試験を受験しますが、追試でも不合格であれば帰国する事になります。)

技能実習満了帰国

3年後、技能実習期間満了で全ての技能実習を終えて帰国していきます。




前のページ
受け入れメリット
コンテンツのトップ 次のページ
技能実習移行対象業種
情報通信ネットワーク
<関東本部>
〒105-0012
東京都港区芝大門1-2-18
Noyori BLD.5F
Tel:03-6435-8541
Fax:03-6435-8540
E-mail:tokyo@jyotu.net

<関西本部>
〒612-8445
京都市伏見区竹田浄菩提院町
132 オフィス油忠 3階
Tel:075-748-6631
Fax:075-748-6638
E-mail:kansai@jyotu.net

<大阪事務所>
〒550-0002
大阪市西区江戸堀1-23-13
肥後橋ビル3号館 301
Tel:06-6449-3863
Fax:06-6449-3865
E-mail:osaka@jyotu.net

<事務センター>
〒680-0942
鳥取県鳥取市湖山町東5丁目567
Tel: 0857-32-2717
Fax: 0857-32-2707
E-mail:info@jyotu.net
ETCカード請求書


組合員様用

ETCカード届出書


組合員様用

ブログ記事カテゴリ
サイト内検索
スタッフ専用ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失