2008年7月7日(月曜日)

〜あなたの国に伝わる昔話−七夕編〜

カテゴリー: - webmaster @ 09時44分36秒

【JITCO2008年6月発行冊子「かけはし」Vol.86】

〜あなたの国に伝わる昔話〜

 

 どの国にも祖父母や父母から子供に語って伝える物語−昔話があります。荒唐無稽で滑稽だったり時に残酷なことも多いそのストーリーですが、根底にはその国ごとの文化や道徳観念、平和への願いが流れています。いわばその国の大切な財産といえるものではないでしょうか。
 本日『7月7日』にちなんで『七夕』の伝説をご紹介します。

 

中国の七夕伝説伝承に見える時代の移り変わり(JITCO中国人スタッフ書記)

 中国では、七夕物語は誰でもよく知っている伝説で、「孟姜女」、「梁山伯と祝英台」、「白蛇伝」と共に四大伝説といわれており、愛の悲劇に皆、ロマンチックな憧れを託している。
 昔、彦星という若者がいた。小さい頃に父母が亡くなり、家は貧しかった。天上の織姫がそんな彦星を哀れみ、人間の世界に下りて夫婦となり、夫が田を耕し、妻が織機をして幸せな生活を送っていた。しかし織姫のワガママに怒った王母という神が使いを派遣し、織姫を天上に連れ戻した。彦星は2人の子供を連れ、牛の皮を背負って織姫を追いかけたが、王母は天の川を作って2人を別れわかれにさせ、年に1回の面会しか許さなかった。7月7日の夜に織女星(織姫)が牽牛星(けんぎゅうぼし)(彦星)と逢うために天の川を渡ろうとすると、カササギが群がって橋の形になり、織女を渡したという。
 このロマンチックな物語は一気に形成されたものではない。織女星・牽牛星が文献に初登場するのは春秋時代の「詩経」である。しかし、2星は文中で別々で記述されている。七夕の伝説は記されていない。2人が別れわかれになり、悲しい愛情が歌われるのは前漢の「文選」の中の「古詩十九編」である。
 後漢の応邵の「風俗通義」に七夕とカササギ橋の話が織り込まれ、梁の時代に女性が自分の手芸・裁縫などの上達を祈願する「乞巧祭」が行われるようになり、唐の白居易の≪恨歌≫には七夕伝説が唐明皇と楊貴妃の愛の物語と結びつけられて登場する。余談ではあるが、七夕伝説は古代日本の「通い婚」の影響か、万葉集では彦星が天の川を舟で漕ぎ、織姫の家に通うと物語が変型した。
 ところが、最近中国で、ある小学校5年生の女子生徒がお母さんに現代版の七夕物語を語り、話題を呼んでいる。
「彦星はお金がなく、家が買えないので、王母は彦星と織姫が結婚することを認めない。彦星はカンカンに怒った末、商売をやり、大金持ちとなって“カササギ橋”という車を買って、織姫を迎えに行った。2人の子供・金太郎と玉姫が大人になり、全ての講義が英語でされている貴族学校で勉強し、忙しくて普段なかなか会えない家族同士はインターネットを通じて連絡しあい、王母が「王婆」というドメインも持っているそうだ・・・。」
 七夕伝説の伝承に交通手段、通信手段等の時代の変遷、国際化、現代化の波。世相が見えるようである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 牽牛と織女の恋物語は中国が発祥の地であり、日本には奈良時代に伝わったそうです。
 ところで日本全国、どの地域でも短冊に願い事を書き葉竹に飾ることが一般的に行われていますが、短冊などを笹に飾る風習は、江戸時代から始まったもので、日本以外では見られないようです。また『たなばたさま』の楽曲にある「五色の短冊」の五色は、緑・紅・黄・白・黒の事をいい、中国では短冊ではなく五色の糸を吊るすそうです。
 また日本の七夕は雨乞いや虫送りの行事と融合したものがあるらしく、北海道では七夕の日に「ローソクもらい」という子供達の行事があるそうです。また近年の台湾ではバレンタインデーと同様に男女がプレゼントを交換する日とされているみたいです。
 各国・日本の各地域によって七夕行事は異なりますが、昔からの風習を大切にしていきたいですね。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://jyotu.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/101

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

15 queries. 0.064 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

情報通信ネットワーク
<関東本部>
〒105-0012
東京都港区芝大門1-2-18
Noyori BLD.5F
Tel:03-6435-8541
Fax:03-6435-8540
E-mail:tokyo@jyotu.net

<関西本部>
〒612-8445
京都市伏見区竹田浄菩提院町
132 オフィス油忠 3階
Tel:075-748-6631
Fax:075-748-6638
E-mail:kansai@jyotu.net

<大阪事務所>
〒550-0002
大阪市西区江戸堀1-23-13
肥後橋ビル3号館 301
Tel:06-6449-3863
Fax:06-6449-3865
E-mail:osaka@jyotu.net

<事務センター>
〒680-0942
鳥取県鳥取市湖山町東5丁目567
Tel: 0857-32-2717
Fax: 0857-32-2707
E-mail:info@jyotu.net
ETCカード請求書


組合員様用

ETCカード届出書


組合員様用

ブログ記事カテゴリ
サイト内検索
スタッフ専用ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失