2009年5月27日(水曜日)

裁判員制度、在日中国人の6割以上が「参加したい」

カテゴリー: - webmaster @ 13時34分39秒

Record China   2009/05/26(火)付のweb新聞より

 

 刑事裁判に国民が参加する「裁判員制度」が21日からスタートした。日本では「人を裁く」重みを背負うことに戸惑う声も多く聞こえる中、在日中国人たちはこの制度をどう見ているのだろうか。華字紙・中文導報が伝えた。
 

 一橋大学法学部法学研究科の王雲海(ワン・ユンハイ)教授によれば、日本への帰化により日本国籍を取得した中国人には日本人と同様、抽選で裁判員に選ばれる可能性がある。王教授は「日本の法律に触れる良い機会」として、積極的に参加することを呼び掛けた。

 

 では、日本人はこの制度をどう思っているのか。最高裁判所が昨年1月〜2月に実施したアンケート調査によると、裁判員に選ばれた場合、「参加したい」と「参加しても良い」はそれぞれ16%。「参加したくないが義務だから仕方なく参加する」が45%で、「たとえ義務でも参加したくない」は38%に上った。

 

 一方、中文導報が在日中国人向けにインターネット上で行った調査では、日本が裁判員制度を実施することに「賛成」と答えた人は87%、「裁判員をやってみたい」と答えた人も62%に上った。(翻訳・編集/NN)

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 様々な意見のある中、21日から始まった裁判員制度。制度を支持する日本人の声は少ないようです。たしかに、まわりの方々に聞いても、「選ばれたら喜んで」という答がかえってきたことはないように思います。人を裁くことへの不安、仕事や家事、育児に忙しい人々にとって数日間にわたる拘束時間が、制度への異論や反論に繋がっているのでしょうか。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://jyotu.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/137

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

15 queries. 0.032 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

情報通信ネットワーク
<関東本部>
〒105-0012
東京都港区芝大門1-2-18
Noyori BLD.5F
Tel:03-6435-8541
Fax:03-6435-8540
E-mail:tokyo@jyotu.net

<関西本部>
〒612-8445
京都市伏見区竹田浄菩提院町
132 オフィス油忠 3階
Tel:075-748-6631
Fax:075-748-6638
E-mail:kansai@jyotu.net

<大阪事務所>
〒550-0002
大阪市西区江戸堀1-23-13
肥後橋ビル3号館 301
Tel:06-6449-3863
Fax:06-6449-3865
E-mail:osaka@jyotu.net

<事務センター>
〒680-0942
鳥取県鳥取市湖山町東5丁目567
Tel: 0857-32-2717
Fax: 0857-32-2707
E-mail:info@jyotu.net
ETCカード請求書


組合員様用

ETCカード届出書


組合員様用

ブログ記事カテゴリ
サイト内検索
スタッフ専用ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失