ETC事業 : 高速道路ガスステーションの石油製品販売価格の上限価格設定の休止について
投稿者: webmaster 投稿日時: 2008-6-2 15:39:49 (1473 ヒット)
ETC事業

高速道路ガスステーションにおける石油製品販売価格の上限価格設定の休止について

 NEXCO西日本蠅蓮高速道路のガスステーションでのガソリン等の上限価格の設定を、平成20年6月1日(日)午前0時から当面の間、休止します。

 石油元売り各社の発表や新聞報道によると、石油製品卸価格が6月1日出荷分より10円/L程度値上げされる見込みであり、これに伴い市中のガスステーションの店頭価格も大幅な値上げが考えられます。また、昨今の原油価格高騰の情勢を踏まえると、6月以降の価格動向も不透明であり、このような状況下で、従来どおり高速道路ガスステーションに対して、市中の平均価格を基にした上限価格を設定した場合、ガスステーション営業者の適正な価格設定を阻害する可能性や営業者の経営への影響が考えられることから、このたび、上限価格設定を当面の間休止することとしました。

【参考】上限価格制度
 1.高速道路はインターチェンジ以外からの出入りが禁じられた閉鎖空間であり、また、ガスステーション間は距離があるため、お客さまが給油する場合にガスステーションの選択余地が限られています。そのため、ガスステーション営業者が不適当な価格でガソリン等を販売し、その結果お客さまが不利益を被ることのないよう、あらかじめ販売価格の上限を定めているものです。

 2.(財)日本エネルギー経済研究所石油情報センターが公表する「給油所石油製品市況週動向調査」による全国平均価格を上限価格としており、毎週改定しています(毎週月曜日調査の価格を当該週の土曜日から翌週の金曜日まで採用)。

 3.「給油所石油製品市況週動向調査」の調査結果は、(財)日本エネルギー経済研究所 石油情報センターのホームページで閲覧できます。


 ..:*:'゜★.:*'..:*:'゜★.:*'..:*:'゜★.:*'..:*:'゜★.:*'..:*:' ..:*:'゜★.:*'.
<関連新聞記事をご紹介します。6月2日発行BPnetより>

高速道路3社、ガソリン価格上限を休止、卸売価格の急上昇で

 中日本、西日本、本州四国連絡の高速道路3社は、サービスエリア(SA)の給油所が販売するガソリンなどの石油製品について上限価格の設定を休止した。6月1日よりガソリンの卸売価格が1リットル10円前後値上がりし、前週の全国平均をもとに決める上限価格は、給油所の経営に悪影響を及ぼすと判断した。東日本高速道路は4月から上限価格の設定を休止している。

 高速道路4社は、SAの給油所が不当に高い価格で石油製品を販売しないよう上限価格を設定している。上限価格は石油情報センターが毎週月曜日に全国で調査した価格の平均を、同じ週の土曜日から翌週の金曜日まで適用する。このため卸売価格が短期間に急上昇するとSAの給油所はその値上がり分を小売価格に転嫁できなくなる。

 西日本高速道路と本州四国連絡高速道路は、6月以降の価格動向も不透明とみており、上限価格の設定は給油所の適正な価格設定を阻害するとの認識を示している。また中日本高速道路は、上限価格の設定を続けると給油所で安定供給に必要な石油製品を確保するのが困難になるとしている。

 なお、高速道路各社はガソリン税の暫定税率一時失効後の4月12日に上限価格を休止したが、東日本を除く3社は5月17日から再開していた。

■関連情報
・中日本高速道路のwebサイト
・西日本高速道路のwebサイト
・本州四国連絡高速道路のwebサイト

印刷用ページ このニュースを友達に送る
情報通信ネットワーク
<関東本部>
〒108-0073
東京都港区三田1丁目4番28号
三田国際ビル18F
Tel:03-3452-1812
Fax:03-3452-1830

<関西本部>
〒612-8445
京都市伏見区竹田浄菩提院町
132 NUオフィス京都竹田 3階
Tel:075-748-6631
Fax:075-748-6638

<大阪事務所>
〒550-0002
大阪市西区江戸堀1丁目4番27号
日宝江戸堀ビル402号
Tel:06-6449-3863
Fax:06-6449-3865

<事務センター>
〒680-0942
鳥取県鳥取市湖山町東5丁目567
Tel: 0857-32-2717
Fax: 0857-32-2707
E-mail:
☆ETC==etc@jyotu.net
☆実習生==otit@jyotu.net
ETCカード請求書


組合員様用

ETCカード届出書


組合員様用

サイト内検索
スタッフ専用ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失