投稿者: webmaster 投稿日時: 2009-6-10 9:15:00 (1522 ヒット)
研修生受入制度

 JITCO(国際研修協力機構)より発表がありましたのでお知らせ致します。







【状況】
 JITCOとして把握している2008年度中の外国人研修生・技能実習生の死亡者数は上記のとおりです。

 2008年度の死亡者数は過去最多となりました。

 死亡原因を見てみますと、最もあってはならない作業中の事故が5件も発生しています。

 また、死亡原因で最も多いのは脳・心臓疾患によるもので、とりわけ心筋梗塞や不整脈等の心臓疾患が全体の二分の一近くを占めています。研修生・技能実習生は大部分20代・30代ですが、この年代の日本人の心臓死の発生割合と正確な比較はできませんが、ほぼ日本人の倍の発生率となっています。

 円グラフは1992年度から2008年度までの全数について原因別に分類したものですが、ここでも最も多いのは脳・心臓疾患で全体の三分の一を占めています。


 
 次の写真は、今年の3月に発生した寄宿舎の火災で、技能実習生1人が逃げる途中で墜落して死亡し、8人が重軽傷を負いましたが、火災後の宿舎内部を撮影したものです。




【対応】
 災害防止対策として、物的・人的・管理的対策、手法としてリスクアセスメント・安全衛生マネージメントなどがありますが、詳細は当機構主催の「研修指導員セミナー」で説明します。

 心臓死対策の一環としての健康確保対策は、「生活指導員セミナー」「メンタルヘルスセミナー」で説明しています。

 寄宿舎対策として、建物の構造・避難設備・警報器等必要ですが、詳細は「雇用労働条件管理ハンドブック」・JITCOホームページ・「労務管理セミナー」で説明しています。

 各種セミナーの日時・場所は、JITCOのホームページをご覧下さい。

 なお、死亡内容の概略は以下のとおりです。
 ★外国人研修生・技能実習生34名の死亡内容概略
 (2008年4月〜2009年3月)


投稿者: webmaster 投稿日時: 2009-4-27 9:21:00 (1592 ヒット)
研修生受入制度

法務省入国管理局「平成20年の不正行為認定について」

                                   2009年04月27日
                                   JITCO出入国部


 法務省入国管理局が、「平成20年の不正行為認定について」を公表しておりますので、ご参考までにお知らせします。

 同資料によりますと、平成20年(2008年)に不正行為認定された受入れ機関は452機関であり、過去最多となっております(前年は449機関)。

 不正行為の類型別の認定件数は「研修生の所定時間外作業」169件、「労働関係法規違反」155件、「名義貸し」96件となっており、この3類型で全体の76.5%を占めています。

 詳細は法務省ホームページの以下のアドレスをご覧ください。

■法務省入国管理局「平成20年の不正行為認定について」
 http://www.moj.go.jp/PRESS/090409-1.html

■より詳細なお問い合わせはこちら


投稿者: webmaster 投稿日時: 2009-3-13 14:10:58 (1991 ヒット)
研修生受入制度

国際研修協力機構(JITCO)より下記内容が発表されましたのでお知らせ致します。
。.:*:・'゜★゜'・:*:.。゜'・:*:.。☆。.:*:・。.。.:*:・'゜★゜'・:*:.。゜'・:*:.

研修生・技能実習生に係る定額給付金について(ご参考)


 定額給付金の支給を含む第2次補正予算が可決成立しました。研修生・技能実習生にも定額給付金が支給されることになります。
 ただし外国人に係る給付対象者等については、基準日(2009年2月1日)において、外国人登録原票に登録されている者(不法滞在者及び短期滞在者のみ対象外)となっております。
 詳細は総務省のホームページに、案内が掲載されておりますので、ご参考のためお知らせいたします。

 なお、申請手続き等具体的なご質問については、支給事務を担当する各市区町村にご照会ください。


 ★総務省ホームページ:定額給付金について

 ★定額給付金給付事業の概要


投稿者: webmaster 投稿日時: 2009-1-30 13:31:00 (1909 ヒット)
研修生受入制度

国際研修協力機構(JITCO)より下記内容にて発表がありましたのでお知らせ致します。

。.:*:・'゜★゜'・:*:.。゜'・:*:.。☆。.:*:・。.。.:*:・'゜★゜'・:*:.。゜'・:*:.。

経済状況悪化の影響等に関するJITCOの対策について

 JITCOでは、本年1月14日に、ホームページ上にて「経済状況の急激な悪化に対する適切な対処の要請」として、受入れ団体・企業の皆様に外国人研修生・技能実習生が一方的に不利益な取扱いが行われることがないようお願いしております。

 つきましては、更に今般、受入れ団体・企業の皆様を支援するために以下の対策を講じることにいたしました。研修生・技能実習生の活動の継続に向け、是非ご活用下さいますようお願いいたします。


《経済状況悪化の影響等に対するJITCOの主な対策》
(1)「経済状況悪化対応のための緊急相談窓口」の設置
   本部及び各地方駐在事務所の緊急相談窓口で、経済状況悪化に伴う各種の相談に
   対応します。
   2009年1月30日(金)より実施します。

●JITCO本部   緊急相談窓口専用回線:03-6430-1928
           平日(9:00〜17:00(12:00〜13:00除く))


●地方駐在事務所 平日(9:00〜17:00(12:00〜13:00除く))
  札 幌(TEL:011-242-5820)       仙 台(TEL:022-299-8420)
  水 戸(TEL:029-233-2275)       宇都宮(TEL:028-627-6970)
  千 葉(TEL:043-245-2327)       東 京(TEL:03-6430-1190)
  新 潟(TEL:025-282-3858)       富 山(TEL:076-442-1496)
  長 野(TEL:026-233-5180)       静 岡(TEL:054-250-0032)
  名古屋(TEL:052-934-3932/3950)  大 阪(TEL:06-6344-9521/9522)
  松 江(TEL:0852-32-3501)       
  広 島(TEL:082-224-0253/0254/0263)
  高 松(TEL:087-826-3748/3749)   松 山(TEL:089-931-1162)
  福 岡(TEL:092-414-1729)

(2)母国語相談体制の強化
   土曜日の相談を、従来の午後7時までの開設を1時間延長し、午後8時まで
   開設します。
   2009年1月31日(土)より実施します。

   中国語(木・土曜日)、インドネシア語(火・土曜日)、ベトナム語(金・土曜日)
    土曜日(13:00〜20:00)、平日(11:00〜19:00(13:00〜14:00除く))
    電話 フリーダイヤル 0120-022332、 一般電話 03-6430-1111

(3)受入れ継続にかかる留意点及びJITCOの相談対応をまとめたパンフレットの
   作成・配布

   パンフレット「受入れ団体の皆様へ《経済状況悪化対応にかかる留意点及び関連情報
   について》」を作成し、受入れ団体の皆様に2月早々に配布する予定です。



★ 経済対策パンフレット


投稿者: webmaster 投稿日時: 2008-10-7 10:26:29 (1630 ヒット)
研修生受入制度

 厚生労働省より、地域別最低賃金の改定内容が発表されましたのでお知らせ致します。
 賃金支給に影響のある事業所におかれましては、適正な対応をお願いいたします。


※括弧書きが、平成19年度地域別最低賃金額

続き... | 残り464バイト | コメントする

« 1 2 (3) 4 5 »
情報通信ネットワーク
<関東本部>
〒108-0073
東京都港区三田1丁目4番28号
三田国際ビル18F
Tel:03-3452-1812
Fax:03-3452-1830

<関西本部>
〒612-8445
京都市伏見区竹田浄菩提院町
132 NUオフィス京都竹田 3階
Tel:075-748-6631
Fax:075-748-6638

<大阪事務所>
〒550-0002
大阪市西区江戸堀1丁目4番27号
日宝江戸堀ビル402号
Tel:06-6449-3863
Fax:06-6449-3865

<事務センター>
〒680-0942
鳥取県鳥取市湖山町東5丁目567
Tel: 0857-32-2717
Fax: 0857-32-2707
E-mail:
☆ETC==etc@jyotu.net
☆実習生==otit@jyotu.net
ETCカード請求書


組合員様用

ETCカード届出書


組合員様用

サイト内検索
スタッフ専用ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失